Top

紅萌会トップページ

記念病院トップページ

Infomation

福山記念病院紹介

入院のご案内

医師の紹介

地域連携科

看護部

リハビリ科

薬剤科

放射線科

栄養管理科

通所リハビリテーション科

Recruit

求人情報

Access

交通案内


■放射線科



X線CT撮影装置
X線を利用して体の断面を撮影し、体内の様子をコンピューターで
画像化する検査です。マルチスライスCTでは、これまでのCTより、
高速な撮影が可能なため、短い息止め時間で広範囲、高精細な
画像を撮影することができます。







MRI装置(1.5MRIシステム)
磁気共鳴画像装置といわれ、X線などの放射線を用いない画像
検査法です。磁気と電波を使って身体の横断像だけでなく、
縦断像や斜めに切った像などどんな方向の断面でも撮影し画像化
します。当院では1.5T(テスラ:磁石の強さを表す単位)MRIを使用
しています。





X線透視装置
この装置は造影剤を飲んだり、血管内や関節内などに注射する
ことにより、X線単純撮影だけでは分かりにくい臓器の位置や形
および働きや病変の存在を調べる時に主に使用されます。
代表的なものに胃透視、大腸(注腸)検査、脊髄造影検査などが
あります。






X線単純撮影装置
X線単純撮影は症状に応じてまず第一に行われる検査です。
X線を使用して胸部・腹部・骨などの撮影を行い、CR(デジタル
X線画像診断)システムを用いて撮影データをコンピュータ処理する
ことにより高画質の画像を提供します。